MESSAGE

応援メッセージ

グラクソ・スミスクライングループでは、「do the right thing」(正しいことを行う)という姿勢を企業文化のひとつとして掲げ、すべての人に対して公正でインクルーシブな職場環境を創出することにコミットしております。そのような観点から、グラクソ・スミスクライン日本法人では、LGBTQ+当事者の方々に対する差別や偏見の撤廃を目指し、以下のような各種取り組みを行っております。

● パートナーシップ制度の導入(育児や介護目的の休職や慶弔見舞金などについて、事実婚や同性婚を日本における法律婚と同等に扱う)
● 従業員有志で構成されたLGBTQ+アライグループ「Spectrum JAPAN(スペクトラム・ジャパン)」による社内外での啓発活動
● LGBTQ+に対する理解促進のための社外イベントへの参加(Tokyo Rainbow Prideなど)
● 多様な背景をもつ社員の働きやすさを追求したオフィス設計
● 多様性の重要性についての役職員向けの研修の提供

このような活動が評価され、2019年より4年連続で、PRIDE指標の最高ランク「ゴールド」を受賞しました。弊社を含め多くの企業において同様の活動が行われていますが、LGBTQ+当事者の方々にとって真にインクルーシブな社会を築くには、民間企業の努力だけでは限界があります。LGBTQ+当事者の方々が、ありのままに自分らしく生きられるよう、国が速やかに婚姻の平等に向けた法整備を行うことを切に望み、BMEの活動を支援いたします。

グラクソ・スミスクライン株式会社

取締役

平泉 真理さん

Pinterest は、約4,000人の従業員と4億人以上のグローバルユーザーを抱える企業として、誰もがインスピレーションを受け、尊重され、自分らしさを発揮できる職場環境とプラットフォームの実現に努めています。

私たちはすべての人の平等を支持し、どのようなアイデンティティを持つ人にとっても、誰もが帰属意識を感じられるようなプログラムを用意しています。社内では、従業員主導のコミュニティがあり、グループ内やグループ間の有意義なつながりによってPinterest従業員全員を力づけ、アライシップを促進し、職場とプラットフォームを豊かにしています。「Pinwheels」という特定の社員グループがあり、PinterestのLGBTQ+やアライのコミュニティを代表して、包括的なプロダクト、企業文化、ブランドの提唱を行っています。私たちのインクルージョンとダイバーシティの活動は常に前進し続け、Business for Marriage Equalityのような活動を支援し、私たちの実践がグローバルネットワークと事業拠点全体に広がるように、今後も取り組んでいきます。

Pinterest

インクルージョン&ダイバーシティー担当グローバル責任者

Nichole Barnes Marshallさん

IRISは婚姻の平等に賛同いたします。
”自分らしく生きられる社会を実現したい”
このような強い想いを持って、2014年にIRISを創業しました。
現在の日本においては、不動産業界や社会の中に当事者へのバイアスが存在しています。一部の調査ではLGBTs当事者の3人に1人が賃貸のお部屋探しや住宅購入のための物件探しで居心地の悪さを経験したと答えています。
我々はこの課題を解決すべく、LGBTsフレンドリーな不動産会社として、今までに10,000件以上のお部屋を紹介してきました。
業界や社会の「不」を解消していくことで、社会のLGBTsに対するバイアスが薄らぎ、住環境やライフスタイルの選択肢が拡がっていく、我々はそう信じています。

株式会社IRIS

代表取締役CEO

須藤啓光さん

多様性に富んだチームは、より賢明な意思決定を行うことができます。ブルームバーグは、職場に多様性をもたらす人材を積極的に採用し、育成しています。例えば、当社にはLGBTQ+や障がい者などの多様な背景を持つ社員を対象とした採用活動の実績があります。これにより、ダイナミックな職場環境が生まれ、社員は居心地の良さを感じ、本来の自分らしさを発揮できるようになります。その結果、社員は自身の能力を最大限に発揮することができ、自らの貢献がビジネスや社会に変化をもたらしていると感じることができるのです。

しかし、多様性だけでは不十分で、インクルージョンを目指す主体的な考え方が必要です。ブルームバーグはLGBTQ+に対する平等を実現している最高の職場の一つとして常に評価されています。当社は、LGBTQ+のアイデンティティを支持し、同コミュニティが日々直面する問題に取り組むことで、誰もが歓迎され、安全で、その貢献が評価されていると感じることができるように努めています。社員は、職場や日常生活のあらゆる場面で、オープン、率直、かつ積極的な対話を通じて、インクルージョンの文化を形成する権限を与えられていると感じています。経営陣は、この極めて重要な取り組みを全面的に支持しており、社員らの多くの協力や参加を得て、LGBTQ+のインクルージョンと多様性を促すための自主的な活動を推進しています。

LGBTQ+のインクルージョンに関する当社の取り組みで重要な点は、同性カップルは異性カップルと同じ法的権利と承認を受けるべきであり、日本の法律で結婚の平等が認められるよう改正されなければならないという信念を掲げていることです。これは、社会をより豊かにするインクルーシブな環境づくりにつながるものであり、ブルームバーグは、日本で活動する3つの非営利団体による、婚姻の平等に賛同する企業を可視化するためのキャンペーン「Business for Marriage Equality(BME)」の取り組みを全面的に支持しています。

私は幸運にも、世界中の多くの国や都市、主要大都市圏で暮らし、働き、旅行する機会に恵まれましたが、日本は治安、自然、食事、そして深く豊かな文化史という点で、間違いなく最も魅力的な国の一つです。また、世界第3位の経済大国として、プロフェッショナルが成功し、成長するための刺激的なキャリアの機会も提供しています。結婚の平等を実現することで、日本は真の意味で、人々がそれぞれの人生の選択を追い求めるために必要な自由を提供するグローバルリーダーとなり、ひいては、世界中からさらに多様な人材を集めることができるようになります。

人種、性別、民族、結婚などあらゆる形の平等を、私は強く信じています。これらはすべて、適切に機能し、近代的で前向きな社会において譲ることのできない特性であるべきです。これらの考え方を受け入れてこそ、最も優秀で、最も才能があり、最も多様なプロフェッショナル集団を魅了し、維持することができ、その結果として、私たちが日々生活し、働く地域社会の継続的な成長と発展に積極的に貢献することができるのです。私の2人の娘には、このような世界で育ってほしいと願っています。つまり、能力、素質、意欲、モチベーション、労働倫理、そしてパフォーマンスに沿って、客観的に評価される世界です。

日本では、ブルームバーグが2年連続で「PRIDE指標2021」の金賞を受賞したほか、一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム(ACE: Accessibility Consortium of Enterprises)の「環境づくり部門」でACEアワードを受賞したことを誇りに思います。詳しくはこちらをご覧ください。ブルームバーグのダイバーシティ&インクルージョンの取り組みに関する詳細については、こちらをご覧ください。

ブルームバーグ・エル・ピー

日本統括責任者

ノーマン・L・トゥエイボームさん

ラクスルは、全ての社員が自分らしく安心して働くことができる社会の実現のため、婚姻の平等に賛同いたします。
スタートアップは長期戦、かつ家族の幸せや理解があってこそ頑張れるものと常日頃から思っており、ラクスルでは多様なタレントが公平な機会の下、安心して長期で活躍できる職場作りに注力しています。
2018年に同性パートナーを持つ社員にも福利厚生を適用したことを出発点とし、性的指向や性自認に関わらず多様な価値観を持つ全ての社員が安心して働くことができる環境・風土づくりを実現して参ります。

ラクスル株式会社

取締役CFO / SVP of Corporate

永見世央さん

デロイト トーマツ グループは婚姻の平等に賛同します。
デロイトでは、LGBT+当事者に平等な権利が認められていない国や地域であっても、組織内においてはLGBT+非当事者と同じ権利を有すると考える「大使館モデル」という考え方のもと、当該権利に呼応する制度制定や活動をグローバル全体で推進しており、日本においては以下3つの軸からLGBT+インクルージョンを推進しています。
1. 制度・インフラ:福利厚生面で同性パートナーも配偶者として定義することはもちろんのこと、ホルモン治療を含む性別適合治療等を事由とした追加の有給休暇取得等の制度面や、誰でもトイレの設置等のインフラ強化等
2. 風土・カルチャー醸成:全社必須研修はもちろん、Allyネットワーク活動やメンバーによるストーリーテリングや各種イベントを通じたコミュニティ強化等
3. ソーシャルインパクト:NPO団体や教育機関と連携したLGBT+啓発や寄付につながる取り組み、積極的な対外的発信等、デロイト トーマツ内のインクルージョンのみならず社会全体のLGBT+インクルージョンにつながるような取り組みの推進
(詳細はこちら

デロイトが世界12の国と地域のLGBT+当事者600名を対象に実施した調査「LGBT+@work」では、「アライシップ」の重要性が強調されています。そして、企業や組織が婚姻の平等への賛同を表明することは、現代日本において重要なアライシップの1つだと、私は考えています。デロイト トーマツ グループは、「多様な観点からクライアントに価値を提供し、社会変革・イノベーションにつなげていく」ことを目指し、そのための必須手段として、Diversity, Equity & Inclusion(DEI)を重要経営戦略の一つに位置付けています。誰もが自分らしく輝くことのできる社会に向けて、DEIの取り組みを続けていきます。

デロイト トーマツ

グループCEO

木村研一さん

国立市は、全ての人を社会的孤立や排除から守り、社会の一員として包み支え合う「ソーシャル・インクルージョン」を理念としたまちづくりを進めています。その理念のもと令和3年(2021年)4月から、同性カップル等の関係を公的に証明するパートナーシップ制度を開始し、職員の休暇制度や手当についても同性パートナーを配偶者と同様に扱っています。パートナーシップ制度は、当事者が抱える課題の解消や社会の理解促進を目的とするものですが、法的効果が生じないため婚姻制度の代用にはなりません。異性間の夫婦であれば当然に得られる多くの権利が、同性カップルには与えられておらず、これは個人の尊厳と人権の問題であると捉えています。愛する二人とその家族が公平に包摂される社会の実現のため、婚姻の平等に賛同します。

Photographed by LESLIE KEE

国立市長

永見理夫さん

ランスタッドでは、あらゆることにおいてエクイティ(公平性)とダイバーシティ&インクルージョンを私たちの使命として推進しています。グローバル全体でもLGBTQ+コミュニティのメンバーを含むすべての人の平等性をサポートしており、性的指向や性自認に関わらず、誰もが働くことを通じて輝く人生を実現したいと考えています。そのための取り組みは、社内だけにとどまらず、クライアント企業などのステークホルダーや社会全体にも向けたものとなっています。

私はゲイ当事者であり、ランスタッドの人事トップとして、差別のない環境を長い間守り続けてきたこの会社で働けることを光栄に思っています。そのおかげで自分の可能性を最大限に発揮する機会も得られました。一方でオランダから日本へ夫と共に拠点を移した際、様々な課題にも直面したという経験もあります。このような個人的な経験を活かし、日本で婚姻の平等を実現するためのBMEのキャンペーンに貢献したいと考えています。
ランスタッドの取組みについての詳細はこちらをご覧ください。

ランスタッド株式会社

取締役 兼 CHRO

ヨス・シュットさん

アメリカン・エキスプレスでは、企業ビジョンとして「日々、世界最高の顧客体験を提供する。」を揚げています。多様な属性やニーズを持つ方々全員のライフスタイルを分け隔てなく応援したい。そのためには、DE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)は重要なイニシアチブだと考えています。そして、私たちのサービスだけでなく、社会全体が多様性を尊重した真にインクルーシブな社会であるべきだと考えています。すべての人にとって当然の権利である婚姻の平等は、インクルーシブな社会の実現には不可欠です。そのため、私たちは日本での同性婚の法整備を支持します。

アメックスでは、社員ひとりひとりがDE&Iのソートリーダーとなることを目指し、社内で様々な取り組みを行っています。また、社員が高いエンゲージメントを持って日々楽しく仕事に励むこと、そしてお互いの違いを尊重し、共通の目標に向かってチームとして協力することを目指しています。そのために、多様性(ダイバーシティ)を最大限に引き出し、受け入れる(インクルージョン)職場環境を整えることが重要だと考えています。例えば、社員のジェンダー・トランジションを支援するためのガイドラインや同性パートナーシップ制度などの人事面での整備だけではなく、LGBTQ+とそのアライの社員ネットワーク「PRIDE+」を通したボトムアップの取り組み、そして全社員対象に行われる「アンコンシャス・バイアス・トレーニング」などDE&Iを実践できる企業文化を作ることを意識しています。そういった取り組みを通して、社内のDE&Iを促進するだけでなく、インクルーシブなサービスの提供を進めています。その一つとして、同性カップルや事実婚カップルへの家族カードの発行など、多様なお客様のニーズを尊重したサービスを提供しています。

このように、アメックスでは、社員、お客様、そしてコミュニティ全体で一人一人が自分らしくいられる社会となるために、私たちに何が出来るかを考え、取り組んでいます。しかし、インクルーシブな社会は、企業の努力だけでは実現しません。真に平等な社会となるためには、国の制度、企業、そして私たち一人一人が多様性を尊重することが不可欠です。アメックスは婚姻の平等の実現に向けて活動するBMEに賛同し、今後もサポートいたします。

アメリカン・エキスプレス

日本社長

よしもと ひろゆき

吉本 浩之さん

KPMGジャパンの最大の強みは、互いを認め合い、尊重する文化が根付いていることであり、これこそが私たちの価値創造の基盤となっています。一緒に働くメンバーが安心して互いの価値観を共有し合える環境こそがイノベーションを生み、サステナブルで強い組織への発展を促すと考えています。

BMEキャンペーンに賛同することで、私たちの組織に関わるセクシュアル・マイノリティの方々だけでなく、その家族や友人たちを勇気づけ、世論を変え、社会を変える力になれることを目指します。
多様な生き方や考え方を、互いに尊重し合えるより良い社会の実現に向けて、クライアントや地域社会の皆様とともに歩んでまいります。

KPMGジャパン

チェアマン

森 俊哉さん

三井住友トラスト・グループは、LGBTQフレンドリーな各種取組みを推進しています。
現在の国内法では、同性カップルは法的な婚姻関係を結ぶことが出来ません。
一方で、遺言という形で大切なパートナーへ財産を残すことは可能です。
私たちは、遺言「信託」という仕組みを用いることで、大切なパートナーへの「思い」を残すお手伝いをしています。
当グループは、「信託の力で、新たな価値を創造し、お客さまや社会の豊かな未来を花開かせる」という自身のパーパスに沿った取組みを、今後も推進していきます。

当グループは、「Business for Marriage Equality」に賛同しました。
「Marriage Equality」の実現を微力ながら後押ししていく所存です。
賛同を通じ、「お客さまや社会のWell-beingの向上」に貢献していきたいと考えています。

【当グループの取組例】
・住宅ローン 同性パートナーを配偶者と同様の扱いとした住宅ローンの取扱い
・クレジットカード※1 同性パートナーへの家族カード発行
・遺言信託 同性パートナーへの財産承継・「思い」を残すお手伝い
※1.三井住友トラストクラブが発行するダイナースクラブカード・TRUST CLUBカード、および三井住友トラスト・カードが発行する三井住友トラストVISAカード

三井住友トラスト・ホールディングス

取締役執行役社長

たかくらとおる

高倉透さん

Hondaは、基本理念である「人間尊重」に基づき、人材多様性の取り組みを推進する中で、2019年度にセクシュアル・マイノリティに対する方針を明確にし、施策を実行してきました。

セクシュアル・マイノリティに関する取り組みとして、性自認・性的指向・価値観などの多様性を尊重し、一人ひとりが自分らしく、個々の能力を存分に発揮できる環境づくりに向けて積極的に取り組んでいます。全従業員が性の多様性を理解し受容する風土の醸成と、セクシュアル・マイノリティのバックグラウンドをもつ従業員に向けた制度・環境面の整備を着実に継続したことが、2年連続のPRIDE指標ゴールド受賞に繋がったと捉えています。

今後、創業100年を超える2050年においても、競争力を有し、輝き続ける“個・組織”を育むとともに、多様な人材がパフォーマンスを最大限に発揮できる「人材の多様性の進化」への実現に向け、一層取り組んでまいります。

本田技研工業株式会社

人事・コーポレートガバナンス本部 本部長

斎藤毅さん

*本サイトへの企業・団体のロゴ及び代表メッセージの掲載は、当該企業・団体による「婚姻の平等」への賛同を示すものであり、本サイトの運営者が当該企業の事業内容について何らかの意思を表明するものではありません

SHARE

  • facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Linkedin

賛同する